webデザイナーを目指す人が準備しておくテキストエディタ

HTML/CSS、PHPなどコーディングには必ず必要なテキストエディタです。直接サーバーにアップロードしたり、ローカル環境での開発などに使用するので、使いやすいものを選んでインストールしましょう。

コーディングに適したテキストエディタ

Brackets

Adobe社製。
日本語にも対応しているので、初心者に優しいおすすめのエディタです。

SublimeText

Mac版、Win版があり、ライセンス購入は1つでOK。動作が軽くプラグインを追加しても速い。
Dropboxなどで同期することができるのもメリット。

Atom

プラグインを追加してより使いやすくなるところはSublimeTextと同様です。GitHub製でフロントエンドのコードで作られています。

この他にも、Espressoというエディタも使いやすいです。
特にCSSをコーディングするときに描きやすく、Xray機能で、サイトを閲覧しながら要素を変更したり、コーディング出来るのがいいですね。
自分が作成したサイト以外だと、なかなか編集するときにコードがわかりにくい時もあり、そういうときにかなり役に立ちます。